オフィスパソコン、レンタルとリースどちらを選ぶ?

オフィスのパソコンはレンタル?リース?

オフィスでのパソコン導入について

レンタル会社は、メーカーからパソコンを資産購入し、レンタルしていますので、保有の在庫からの提供となります。 現在仕事には、必要不可欠なパソコンを導入~運用保守~廃棄まで一環してマネジメントします。 返却されれば整備して再度レンタルすることになります。

パソコンをリースするメリット・デメリット

オフィスでは、全ての什器や設備を購入するとかなりの費用がかかります。 パソコン以外にもコピー機やデスクなどリース契約をしているものは多岐にわたります。 リース契約には、多くのメリットがありますが、デメリットもありますので、よく検討する必要があります。

リース・レンタルパソコンで注意すること

リース資産は管理台帳を作成しリース終了日などを記載して管理していきましょう。 リース資産の数が多い場合には、定期的にチェックすることが必要となります。 また、設置状況も変更があれば、早めに申請しましょう。 利用していないパソコンについても注意しましょう。

パソコンをレンタルするメリット・デメリット

オフィスでは、パソコンは欠かせないものですよね。
通常パソコンは、購入・リース・レンタルといった方法で利用されています。
パソコンは、長く使い続けると故障しやすいですし、型落ちのパソコンでは、処理速度も遅く新しいソフトが使えない場合もあります。
また、古いOSだとサービスが終わったりセキュリティも不安ですし、最新のパソコンで作業効率をあげていきたいですよね。
しかし、購入する場合は多額のコストが必要で、廃棄にも費用がかかります。
その為、型落ちしたパソコンを使い続ける企業もたくさんあります。
現在では、常に最新のパソコンを使用したいということで法人向けのパソコンレンタル・リース市場は拡大傾向にあります。
レンタルとリースで意味は同じようですが、仕組みは実は異なります。
普段CDやDVDなどをレンタルする場合、期間を決めて借りますが、パソコンのレンタルも同じでレンタル会社が保持しているパソコンを必要な期間賃借することです。
パソコンのリースとは、パソコンを購入するのではなくリース会社が購入し、長期間にわたって貸すものです。
リース期間満了時に元本から残価を引いて行うリースをオペレーティング・リースといいます。
そのため、長期的での利用の場合はお得となります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、利用目的によって判断していきましょう。
また、さまざまなレンタル・リース会社がありますので、細かくチェックしていきましょう。