オフィスのパソコンはレンタル?リース?

>

オフィスでのパソコン導入について

レンタルでのメリット

パソコンを購入やリースだと会計処理で資産計上が必要となり、償却経理や固定資産の申告納付などの事務作業が必要となりますが、レンタルでは、オフバランスですのでコストがすぐに把握でき、レンタル料は経費として処理ができます。
短期間でも契約ができるので、短期雇用の社員の方にも利用できます。
故障時には、購入した場合だと、メーカーに送付して保証期間でなければ修理費用がかかりますし、その間そのパソコンは使えない状態ですが、レンタルでは、レンタル会社に連絡すれば、1~2日程度で同スペックのパソコンを代替機として送ってもらえます。
故障したパソコンは送り返すだけですので修理や調査する必要がありません。
レンタル期間内での解約や延長も比較的簡単にできます。
高スペックのパソコンに変更したい時や必要のなくなったパソコンなど柔軟に対応できそうです。

レンタルでのデメリット

レンタルするパソコンは、レンタル会社が保有しているパソコンからしか選択ができません。
その為、最新のものは必要なスペックの台数が足りなかったり、中古のパソコンの場合があります。
レンタルでの料金は、長期での利用だと割高になります。
期間を延長しても同じ料金となりますので、長期間だと製品代金以上の金額を払い続けることになります。
そのためレンタルは、短期の方が向いていると言われています。
しかし、設定や故障時のトラブルや資産管理など人件費のコストがかかりませんので、安いと考える企業も増えているようです。
また、レンタルしたパソコンと周辺機器が返却時に全てそろっていなければ、費用を請求されますので気を付けましょう。


この記事をシェアする