オフィスのパソコンはレンタル?リース?

>

パソコンをリースするメリット・デメリット

リースでのメリット

レンタルはレンタル会社が所持している商品を選びますが、リースは自分で最新の機種を選ぶことができます。
リース会社が希望のスペックのパソコンをメーカーに掛け合って在庫があれば調達してもらえます。
そして初回のリース期間が終わると再リース料は安くなります。
長期利用には、お得ではないでしょうか。
廃棄はする必要がなくリース会社へ返却ということになります。
返却時に周辺機器についても費用は、返却後別会社にリースすることはありませんので、かからないようです。
初期費用を抑えることができます。
支払い総額では、高くなりますが、資金繰りが厳しく資金がかけられない場合には最適といえるでしょう。
リース料は毎月同額で、経費として扱うことができます。

リースでのデメリット

中途での解約は不可となります。
解約する場合は、製品の代金(残った期間分のリース期間がリース料)または違約金が必要となります。
パソコンが故障した場合は、購入時と同様に自社での対応が必要となります。
直接メーカーとのやり取りとなります。
支払い金額は、製品代金にリース料・保険料や税金などがかかっていますので高くなります。
契約時に審査が必要となります。
決算書など財務諸表を提出しなければならず、利用が難しい場合もあるようです。
パソコンの所有権はリース会社となりますので、所有権はありませんので、リース期間が終了しても使用する場合は再リース料がを支払わなければなりません。
リース取引は、売買取引として取り扱われ、まずは資産を取得して減価償却で経費とします。
2段階で処理を行わなければなりません。


この記事をシェアする