オフィスのパソコンはレンタル?リース?

>

リース・レンタルパソコンで注意すること

リース時に注意すること

契約を確認するのを怠ると、リース期間が満了後も契約終了の手続きを取っていなかったために、リース料を支払っている場合があります。
リース契約で使われていないパソコンについては確認が必要です。
動産総合保険が下りないケースがあります。
リース会社に届けている住所でなければ、破損しても動産総合保険はおりません。
本社から支社へ持ち出して利用する場合は、申請が必要となります。
リース資産が増えてくると所有資産と区別がつかなくなる場合があります。
間違って廃棄や転売をしてしまうと、中途解約金・損害賠償金を支払わなければなりません。
こういったトラブルを防ぐためには、リース資産をきちんと把握して管理していかなければなりません。
リース期間が満了時の書類を放置しておくと自動的に再リースになってしまいます。

レンタル時に注意すること

パソコンのレンタル会社を使用する時は、なるべく最新のパソコンを取り揃えている会社を選びましょう。
豊富な機種をそろえている会社もたくさん存在していますので、詳細を調べてみましょう。
最新スペックのパソコンでの保守は難しい場合もありますので、レンタルの方が向いているといえます。
一番注意することは、丁寧に扱い、壊したりしないということです。
正しく使わずに破損した場合は、弁償しなければなりません。
また、レンタルの費用についても確認しておきましょう。
1年以上使用の場合、長期レンタルでの割引や買取が出来るなどレンタル会社によってさまざまなサービスがあるようです。
レンタルは、リースに比べて契約期間が短いですので管理はしやすいようです。


この記事をシェアする